医療事故のご相談を受けてから解決までのおおまかな流れ

ご相談の都度,最初にご説明している一般的な内容です。
受任すると,まずは,基礎調査を行います。
主な事項は,証拠入手のアドバイス,カルテの入手,医学文献の調査,事故に関係する医師・病院との面談・照会,患者側に協力して意見を述べてくれる協力医の確保,協力医との面談,意見書作成依頼,以上の調査を踏まえた解決策の策定・ご説明,損害額(=請求額)の算定です。
ここで,医師・病院側の責任を問えると分かった場合は,ご相談の上,示談交渉に進み,示談できれば和解解決します。示談できない場合は,ご相談の上,損害賠償請求を求める裁判をします。
協力医の意見書求めずに進める場合もありますが,裁判をする場合は,協力医の意見が不可欠です。協力医の医師を見つけ,意見を聴くのは弁護士の重要な仕事であり,個人的関係,協力医紹介団体への依頼,その他の方法によります。
①調査のみで終了,②示談により和解解決,③裁判
の3通りに分かれますが,相対的に多いのは②です。

新着情報

PAGE
TOP