新型コロナウイルス問題下の法律事務所営業について 2020年11月8日更新 緑風法律事務所

2020年11月8日

当事務所は、通常営業し、以下の対策を取っています

手洗いの励行、ドアノブ等の人が触れやすい場所のアルコール消毒、窓の開放による換気、

15分の電話無料相談

新型コロナウイルス感染のリスクが十分に低下する(社会的免疫の確立、有効な治療薬とワクチンの普及)までには、半年以上を要し、この冬から春にかけても、大流行があると予想していますが、なるだけ、平常に近い営業状態を維持する考えです。

 

 

2020年4月13日の記事

当事務所は、職員の出勤時間を減少させた上で、概ね、通常に近い10時~17時30分の営業をしています。 コロナウイルスは、数ある風邪ウイルスの一種ですから、風邪やインフルエンザを根絶することができないのと同様、又はそれ以上に、 身近でコロナウイルスに遭遇するリスクが殆どなくなるまでには、数か月単位から年単位の時間を要し、 問題は長期化するとの認識の下、平常に近い営業を継続する方針です。 室内の換気や消毒等の事務所レベルの対策と共に、個人の健康管理により、 通勤等でウイルスに遭遇しても、感染又は発症が起こり難くなるこをと重視しています。

新着情報

PAGE
TOP