新型コロナウイルス対応のため抑えておくべき基本

ネット情報で分かったつもりでいることを、下記文献を買って再確認しました。

岩田健太郎著「新型コロナウイルスの真実」、亀田高志著「新型コロナウイルス 職場の対策マニュアル」

以下要点を記します。特に★が重要です。

1 ウイルスは小さいので、普通のマスクによる予防効果は、殆どない。

2 主要感染経路は、症状がある人の至近距離からの咳・くしゃみからの飛沫と、接触感染。★感染していても、症状がなければ、他人にうつさない。

3 有効な対策は、症状がある人は外出しないこと(最重要)、有症状者と2m以上の距離を取ること、

頻回の手洗い、ドアノブ等のアルコール、洗剤等による消毒。

4 ★風邪と区別できないので、風邪にかからないようにする。風邪をひいたら休む。

5 ★患者1人が何人にうつすか、という基本再生産数は、2.2であり、SARSの0.8と比べてかなり高く、これまでのコロナウイルス(風邪)より感染力が強い。

6 流行のピークは5月以降、何回かあり、収束は6月以降で、予測できず、問題は長期化。

 

 

新着情報

PAGE
TOP