5 示談交渉、訴訟

示談交渉及び訴訟の弁護士費用は,着手金(事件を受任する際にお支払いいただく弁護士費用)と成功報酬(事件が解決し,相手方から現実に和解金,賠償金等が支払われた場合の弁護士報酬)に分かれます。
着手金は,請求金額(相手方に損害賠償を求める金額であり,事案により異なります)の3%~5%が目安であり,事件の難易度により,異なります。
しかし,これではあまりに漠然としていますので,25~35万円程度と考えていただければ良いと思います。証拠保全と示談交渉をセットでお引受けすることもあり,その場合は,証拠保全の費用を含む金額です。
示談交渉を経て訴訟に進む場合は,提訴時に相当額(難易度・請求額等によってかなり異なりますが40万円程度~)、を追加していただきます。
訴訟をする場合には,裁判所に納める印紙代も必要です。印紙代の金額は,請求金額に対応して決まっています(例:請求金額2000万円の場合・・・,5000万円の場合・・・)。
事件は手作り,ケースバイケースですから,これでも分かりにくいと思いますので,以下に実例を記載します。

医療事故の解決に要する費用と賠償額

PAGE
TOP