2 弁護士の役割

まず,患者側のお話を聞いて,真相解明と病院側の過失の有無の判断のためには,どのような医学資料が必要か,過失があるかどうかの推測,協力医に意見を聴く必要性とその場合の診療科目,証拠保全・基礎調査・示談交渉・訴訟等の手続きの必要性,順序,時期等を検討し,ご説明します。

そして,以上のような事項を踏まえて,事案に即した解決までの作戦を提示します。
受任した場合は,上記の作戦に沿って,医学文献と判例調査,協力医の紹介と意見書作成依頼等を行い,最終的に,医療機関に責任を問える事案かどうかの判断をし,ご説明します。
事案によっては,その過程で,病院側に説明会の開催を要請します。
医療機関に責任を問える事案の場合は,損害賠償請求額を算定し,示談交渉又は訴訟に進みます。
過失が比較的明確な事案では,要請があれば,並行して,代理人として,刑事告訴を行います。
不幸にして患者本人が植物状態となられている場合は,成年後見の申し立てと,後見人就任も行います。
医療事故にあったらどうすればいいのか

PAGE
TOP